ミラーレスカメラ~メーカ選びのポイント

 カメラ選びで良く聞かれる質問の一つが「どこのメーカーが良いですか?」というものです。

 とくに日本国内には、ほぼすべての主要メーカーがあり、量販店の店頭にも様々なメーカーのカメラが並んでいます。

 もし、デジタル一眼レフを使っているのであれば、同じメーカーのミラーレスカメラが最優先候補となりますので、その場合は選択は比較的容易です。

 難しいのは、やはり、はじめてミラーレスカメラを選ぶ時です。

 みもふたもない言い方となってしまいますが、少なくとも現在、新製品で購入できるカメラであれば、基本的にはどのメーカーのミラーレスを選んだとしても、深く後悔することはないと思います。

 とはいえ、やはりメーカーごとに得意不得意はありますし、ターゲットとしているユーザー層も微妙に異なっています。

 ここでは、各社のポイントについて、まとめてみたいと思います。




オリンパスのミラーレスカメラ

OLYMPUS オリンパス

OLYMPUS オリンパス

 オリンパスは、パナソニックと並んで一番早くからミラーレスカメラをリリースしてきました。

 当初は、フォーサーズ規格のデジタル一眼レフも展開していましたが、早い段階でミラーレスカメラに移行しましたので、カメラボディだけでなくレンズ資産も幅広くラインアップしています。

 カメラは、旧来の一眼レフのデザインを踏襲した「OM-Dシリーズ」と、レンジファインダー型の「PENシリーズ」の二つで構成されています。

参考記事:オリンパスのミラーレス戦略

評価 ポイント
描写力 ○○
イメージセンサーは4/3型で、フルサイズセンサーの1/4の大きさとなります。
機能性 ○○○
エントリークラスからハイエンドまで、幅広い製品がラインアップされており、レベルにあった選択が可能です。
動画撮影 ○○
すべての機種がフルHDでの動画撮影に対応しており、一部機種は4K動画の撮影も可能です。
レンズ等 ○○○
30種類以上のレンズが用意されており、ミラーレスカメラとしてはトップレベル。
価格 ○○
エントリークラスのレンズキットで6万円台から。ハイエンドではカメラ本体で20万円弱。
主な製品 OM-D E-M1 Mark2
OM-D E-M5 Mark2
OM-D E-M10 Mark3
PEN-F
PENE-PL8




キヤノンのミラーレスカメラ

Canon キヤノン

Canon キヤノン

 キヤノンは、ニコンとともにカメラ界を中心的に担ってきたメーカーです。

 キヤノンのミラーレスカメラは「EOS M」シリーズとなります。

 キヤノンは、レンズ交換式カメラに関しては、基本的にはデジタル一眼レフに主軸を置いており、どちらかといえばエントリー層にターゲットを置いた商品展開をしています。

 ただし、最近は、デジタル一眼レフの中級層を意識した製品も出てきていることや、フルサイズのイメージセンサーを搭載したモデルも噂されており、目が離せないメーカーでもあります。

参考記事:キヤノンのミラーレス戦略

評価 ポイント
描写力 ○○○
イメージセンサーはAPS-C型で、一般的なデジタル一眼レフで多く採用されているサイズです。
機能性 ○○
デジタル一眼レフも展開しているため、ミラーレスカメラではエントリークラスから中級クラスまでの品揃えとなっています。
動画撮影 ○○
すべての機種がフルHDでの動画撮影に対応しています。
レンズ等 ○○
ミラーレス専用レンズとしては7種類が用意されており、通常の撮影シーンで困ることはないと思います。マウントアダプターを使用すれば、EOSシリーズ用の豊富なレンズ資産が活用できます。
価格 ○○
エントリークラスのレンズキットで4万円台から。中級クラスではレンズキットで10万円前後。
主な製品 EOS M5
EOS M6
EOS M100




ソニーのミラーレスカメラ

SONY ソニー

SONY ソニー

 今、ミラーレスカメラで一番元気のある会社といえば、多くの方がソニーを上げると思います。

 ソニーは、ミノルタ時代から引き継いだデジタル一眼カメラαAシリーズと並行して、ミラーレスカメラαEシリーズを展開しています。

 ソニーの場合、フルサイズのイメージセンサーを搭載したモデルを幅広くリリースしており、プロ・ユーザーの間にも徐々に浸透してきています。

参考記事:ソニーのミラーレス戦略

評価 ポイント
描写力 ○○○○
イメージセンサーはAPS-C型~フルサイズで、とくにフルサイズを重視したラインアップとなっています。
機能性 ○○○
エントリークラスからハイエンドまで、幅広い製品を展開していますが、とくにハイエンドの製品に力が入れられています。
動画撮影 ○○○
すべての機種がフルHDでの動画撮影に対応しており、最近のフルサイズ機では4K動画の撮影も可能です。
レンズ等 ○○○
ミラーレス専用レンズとして40種類以上が用意されており、ミラーレスカメラの中ではトップレベルの品揃えとなります。とくにフルサイズに対応したレンズの層が厚くなっています。
価格 ○○
エントリークラスのレンズキットで5万円台から。ハイエンドではカメラ本体で40万円前後。
主な製品 α9 ILCE-9
α7R3 ILCE-7RM3
α7S2 ILCE-7SM2
α7II ILCE-7M2
α6500 ILCE-6500
α6300 ILCE-6300
α6000 ILCE-6000
α5100 ILCE-5100




ニコンのミラーレスカメラ

Nikon ニコン

Nikon ニコン

 ニコンのミラーレスカメラは、1型センサーを搭載した「1シリーズ」となります。

 残念ながら、ここ2年半以上も新製品が登場しておらず、これからミラーレスカメラを使い始めようとしている方には、ちょっとお勧めしにくいメーカーかもしれません。

 ニコンからは、フルサイズを視野に入れた新たなミラーレスカメラの投入も噂されており、やはり注目すべきメーカーであると思います。

参考記事:ニコンのミラーレス戦略

参考記事:ニコン1シリーズ~いよいよ終焉か?

参考記事:フルサイズに舵を切ったニコン~新型ミラーレスカメラを開発中

評価 ポイント
描写力
イメージセンサーは1型で、レンズ交換式カメラでは比較的小さいサイズのセンサーとなります。
機能性 ○○
製品ラインアップは弱いですが、小さいイメージセンサーを活かしてメリハリのある撮影が可能です。
動画撮影 ○○
すべての機種がフルHDでの動画撮影に対応しており、最近のモデルでは4K動画の撮影も可能です。
レンズ等 ○○
ミラーレス専用レンズとして12種類が用意されており、専用マウントアダプターを使用すればデジタル一眼レフ用の豊富なFマウントレンズが活用できます。
価格 ○○○
レンズキットで5万円前後。
主な製品 J5
AW1




パナソニックのミラーレスカメラ

Panasonic パナソニック

Panasonic パナソニック

 パナソニックははじめてミラーレスカメラを投入したメーカーです。

 オリンパスとともに、マイクロフォーサーズ規格のミラーレスカメラを精力的に投入してきました。

 とくにAVに力を入れてきたメーカーだけに、静止画とともに動画撮影を重視したカメラもリリースしています。

評価 ポイント
描写力 ○○
イメージセンサーは4/3型で、フルサイズセンサーの1/4の大きさとなります。
機能性 ○○○
エントリークラスからハイエンドまで、幅広い製品がラインアップされており、レベルにあった選択が可能です。
動画撮影 ○○○
すべての機種がフルHDでの動画撮影に対応しており、一部機種は4K動画の撮影も可能です。
レンズ等 ○○○
30種類以上のレンズが用意されており、ミラーレスカメラとしてはトップレベル。
価格 ○○
エントリークラスのレンズキットで5万円前後から。ハイエンドではレンズキットで30万円弱。
主な製品 DC-GH5
DC-G9
DMC-G8
DMC-GX8
DMC-GX7
DMC-GF9




富士フイルムのミラーレスカメラ

FUJIFILM 富士フイルム

FUJIFILM 富士フイルム

 富士フイルムも、ミラーレス時代に入って存在感を大きくしたメーカーです。

 最初はAPS-Cサイズのイメージセンサーを搭載した高級コンパクトカメラで道を切り開き、続いてXシリーズを立て続けに投入してきました。

 他社と比べ、高級感のあるカメラづくりに力を入れており、単焦点レンズも幅広くラインアップしています。

評価 ポイント
描写力 ○○○
イメージセンサーはAPS-C型で、一般的なデジタル一眼レフで多く採用されているサイズです。
機能性 ○○○
エントリークラスからハイエンドまで、幅広い製品がラインアップされており、レベルにあった選択が可能です。
動画撮影 ○○
すべての機種がフルHDでの動画撮影に対応しており、一部機種は4K動画の撮影も可能です。
レンズ等 ○○○
20種類以上のレンズが用意されており、とくに描写性能を重視した単焦点レンズ等の層が厚くなっています。
価格 ○○
エントリークラスのレンズキットで6万円台から。ハイエンドではボディ単体で20万円強。
主な製品 X-Pro2
X-E3
X-T2
X-T20
X-A3